「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

セックスしたい

ガンだと診断されてから、性欲は減退したのだが、セックスしたいという欲求が高まっている。
おそらく、本能的な部分でそうなるのだろう。抗がん剤で性欲はもがれるが、それに対抗するように子孫を残したいという本能が高まるのだろう。
セックスしたい、だが、できない。この苦悩は、女には分からないだろう。
ここが理解できない以上、男と女は、決して理解しあうことはできないとあらためて感じている。
女は、常に受け身で、セックスしたいと思ったら、同じようにセックスしたい男と、セックスできるが、男は違う。
セックスしたいと思っても、体がいうことを聞かなければ、セックスできないのだから。
精神と体の乖離というものを、ガンになって思い知らされる。
セフレ セックス依存症
妻の体を自分のもののように支配したい、感覚を支配したいと思っても、勃起すらしない。
妻は、「無理しちゃだめ」なんてことさら優しい。
その優しさが、逆に残酷に感じられるのは、自分が死を前にして鬱になっているからだろうか。
その優しさが、女の鈍感さを表していると言えないだろうか。
もちろん、妻に恨みなどない。感謝している。だが、セックスしたいという欲求を理解できない女に、私を理解された気になってもらっては困る。
気持ちと裏腹に体力はなくなっていく。徐々にセックスしたいという気すら起きなくなるのだろう。
そういう絶望感、虚無感について、女は鈍感で、こういう時には、女にそばにいてほしくないと思うのは、自分だけだろうか。
童貞卒業
初セックス
[PR]
# by eriv03 | 2016-06-23 17:04 | Trackback | Comments(0)